透水性レジンモルタルシステム工法協議会 透水性レジンモルタルシステム工法協議会

協議会概要

協会設立の目的

透水性レジンモルタル混合物をポーラスアスファルト舗装の表面に充填しポーラスアスファルト舗装の機能向上を図る透水性レジンモルタルシステム工法(PRMS工法)は、車道という厳しい環境で使用されるため、従来の樹脂舗装以上に、厳しい品質基準を有する高性能の樹脂バインダーと、確実な施工品質・技術が必要とされます。

そこで、本工法を普及するに当たって、厳しい材料の品質基準を満足する高性能樹脂バインダー技術を有するエポキシ樹脂製造会社、及び確実な施工技術をする道路舗装会社に参集を呼びかけ、「厳しい材料の品質基準」「確実な施工技術・品質」という趣旨に賛同いただいた18社によりPRMS工法協議会を設立しました。

本協議会では、PRMS工法用の材料の品質基準を策定するとともに、施工技術の向上、及び標準化を取り進めることにより、工法の信頼性を確保する体制が確立され、本工法がポーラスアスファルト舗装に関わる一工法として広く採用されることを目指しています。

活動の内容

1 PRMS工法の認知・普及

2 材料の品質基準、施工方法の標準化

3 材料、施工技術の向上

4 応用展開技術の開発

PRMS協議会について

協議会会員

用途に合わせた様々な
PRMS工法

PRMS工法

PRMS工法

PRMS工法は、耐久性の高い高性能レジンバインダーと特殊粒径の細骨材を組み合わせた透水性レジンモルタルを、ポーラスアスファルト舗装の表面骨材の間隙に充填する工法で、ポーラスアスファルト舗装の表面を強化(路面強化)し、透水(排水)性能の維持と機能継続を実現しながら補修も可能にする優れた工法です。

PRMS工法 ⇒
PRMS多機能工法

PRMS多機能工法

PRMS多機能工法は、ポーラスアスファルト舗装の表面骨材空隙部分に弾性レジンモルタルを充填する工法です。充填材として弾性のある特殊骨材と特殊ウレタン樹脂を使用することで、道路舗装などの表面強化による高い耐久性を実現することはもちろん、積雪寒冷地においては顕著な凍結抑制効果を発揮します。

PRMS多機能工法 ⇒
PRMSグリップ工法

PRMSグリップ工法

PRMSグリップ工法は、透水性のレジンモルタルをポーラスアスファルト舗装の骨材が隠れる程度に敷き均し、すべり抵抗性能を向上させることによる事故対策を目的とした工法です。経年によりすべり抵抗性が低下した既設ポーラスアスファルト舗装に、透水性を維持したままで施工することが可能です。

PRMSグリップ工法 ⇒
PRMSカラー工法

PRMSカラー工法

PRMSカラー工法は、ポーラスアスファルト舗装に専用着色プライマを塗布後、透水性レジンモルタルを充填し完成する工法です。ポーラアスファルト塗装の透水性を確保したまま、注意喚起、車線誘導などの視認性向上が期待でき、骨材の色調により車両通行が可能な自然石風の景観舗装を形成することも可能です。

PRMSカラー工法 ⇒
カタログのダウンロードはこちら
施工実績一覧はこちら

透水性レジンモルタルシステム工法協議会

〒543-0021 大阪市 天王寺区東高津町9-17 
オサダ技研株式会社
本社営業部 技術営業部内 PRMS工法協議会事務局
TEL:06-6764-5724  FAX:06-6761-1517
MAIL:prms@osadagiken.co.jp