プライバシーポリシー

透水性レジンモルタルシステム工法協議会は、関連事業者の皆さまへの当該工法の周知と標準化に向けた活動を通して、道路などの舗装技術の改良を進め、社会に貢献することを目的としています。当協議会の事業を通じて、お客様ならびに協議会会員各位からお預かりする個人情報、及び協議会事務局員より取得した個人情報に対し、以下の基本方針のもと、個人情報の適切な保護に努めます。

a)個人情報の取得、利用及び提供に関する方針

当協議会は、個人情報を取得する際に、利用目的を明確にし、利用目的に必要な範囲内でのみ個人情報を取り扱う対策を講じます。また、法令に基づき開示・提供をもとめられた場合等を除き、本人の同意なしに個人情報を第三者へ開示・提供は致しません。

b)個人情報に関する法令及びその他の規範の遵守に関する方針

個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守致します。

c)個人情報へのリスクの予防並びに是正に関する方針

個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失又はき損などの個人情報のリスクを深く認識し、リスクに対する合理的な安全対策を講ずると共に適切な予防・是正処理を実施致します。

d)個人情報に関する苦情及び相談への対応に関する方針

苦情相談窓口責任者を定め、お客様及び協議会に関係する情報提供の本人による個人情報に関する苦情及び相談に適切に対応致します。また、本人より個人情報の内容確認、訂正及び削除等を希望された場合、合理的な範囲で速やかに対処致します。

制定日:2010年08月31日

◇個人情報の利用目的について

当協議会が取得しました個人情報は、以下の目的で利用いたします。
○当協議会の業務での利用
○広告宣伝物・印刷物制作の業務での利用
○発送用ラベルの印字、発送業務での利用
○従業員の採用において各種通知・回答など選考に関する業務での利用
○従業員の雇用において、勤怠管理・給与計算・福利厚生など業務での利用

◇個人情報開示請求手続き

開示対象個人情報について、本人から開示などを求められた際は、速やかに以下の手順にて対応します。
当協議会が取得した個人情報が開示対象個人情報に該当する場合は、当該開示対象個人情報に関し、 次の事項を本人の知りうる状態(本人の求めに応じて遅滞なく回答する場合を含みます)にするため手続きを掲載します。

◇個人情報開示・訂正・利用停止の請求について

本人もしくは、本人から委任を受けた代理人からの請求以外は受け付けることはできません。また、請求に際しては、請求書類として本人と特定できる公的証明書(写し可)の添付が必要です。代理人による請求の場合は、本人を特定するもの、代理人の身分を証明するもの(いずれも写し可)が必要です。

◇手数料

開示請求手続きは、手数料として1件あたり500円を申し受けます。
但し、上記の手数料には、お客様への開示等資料の送付のため郵便料金が含まれます。

◇請求手続き

(1)開示請求者による請求書の作成およびその他書類等の準備

1) 請求書の作成

市販の請求書を用いて必要事項を記入してください。

2) 手数料(500円)の準備

郵便局にて、手数料分の定額小為替を購入してください。為替の表面・裏面への記入は不要です。

3) 本人確認書類の準備

請求者本人であることを証明するため、運転免許証の写し、健康保険の被保険証の写し、パスポートの写し、年金手帳の写し、住民基本台帳カードの写し、外国人登録証明書の写し等公的機関が発行する身分を証明できるものを準備してください。
代理人が請求する場合は、代理人に対する請求者本人からの委任状および代理人の身分を証明する運転免許証の写し、健康保険の被保険証の写し、パスポートの写し、年金手帳の写し、住民基本台帳カードの写し、外国人登録証明書の写し、弁護士登録番号等の写しを身分を証明するものとして用意してください。

4) 返信用封筒の準備

返信先の住所、氏名、郵便番号を記入した定形サイズの封筒を準備して下さい。なお、切手の貼付は不要です。

(2)請求書の受付窓口への送付(開示請求本人)

上記請求書類を確認の上、それらを封筒に入れ、簡易書留等郵便物の追跡ができる方法で下記窓口までお送りください。
普通郵便等、郵便物の追跡ができない方法で発送され、万が一、当該郵便物が紛失した場合、当協議会は一切の責任を負いかねます。
また、請求書類に不備があり、当協議会よりの改善のお願いによっても当該不備が解消されない場合には、請求に応じることができない場合があり、その場合には手数料をお返しすることができませんので、請求書類を十分ご確認下さい。

(3)請求書の受理(当協議会)

請求書を窓口にて受領致します。

(4)請求内容の確認(当協議会)

送付された請求書の内容、添付書類についてご確認させていただきます。
書類等に不備があった場合には、担当より個別にご連絡させて頂きます。

(5)当初保有個人情報の確認(当協議会)

送付された請求書に基づき、当協議会保有個人データについて確認させて頂きます。

(6)開示等資料作成(当協議会)

要求された個人情報を当協議会が保有し、かつ、開示・訂正・利用停止に支障がないと判断された場合、情報開示等資料を作成します。
要求された個人情報を当協議会が保有しない、もしくは、各種法令、社会通念に照らし合わせた結果、開示・訂正・利用停止に支障があると判断された場合は、その旨を記載した連絡文書を作成致します。

(7)開示資料の送付(当協議会)

当協議会で作成した情報開示等資料、もしくは連絡文書を返信用封筒に封入し、追跡ができる方法にてご返送致します。

(8)開示情報のお受け取り(開示請求本人)

当協議会からの情報開示等資料、もしくは連絡文書をお客様が受領し、開示請求の手続きは終了します。

◇お問い合わせについて

個人情報の取り扱いに関する苦情、お問い合わせ、相談、確認、開示先等につきましては、下記窓口までお願いいたします。

【苦情および相談、開示対応窓口】

〒543-0021
大阪市 天王寺区東高津町9-17
オサダ技研株式会社本社営業部 技術営業部 内
PRMS工法協議会事務局
電話:06-6764-5724 FAX 06-6761-1517
E-Mail:prms@osadagiken.co.jp